なんでもかんでも観劇録

アクセスカウンタ

zoom RSS 劇団 花吹雪

<<   作成日時 : 2008/07/24 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

ミス・サイゴンを観るために上京したのですが観劇1本だけで帰るのはもったいないお化けが出るんじゃねーか?ってことで、もう一本見ることに。
当初はウィキッドを観るつもりでいたんですが
「ウィキッドはいつか絶対大阪か京都に来るぜ」という悪魔のささやきに負けてしまって、大衆演劇に変更。
さすが旬にハマってる人らしい選択だ・・・と他人事のように感心してみる。

一番最初に観た大衆演劇が花吹雪だったんで、それじゃあ横浜に行ってあの感激を再び!!

横浜は阪東橋にある三吉演芸場。
駅からトコトコと商店街の中を抜けて行きます。
大衆演劇の劇場は、すでに8軒行ったわけですが、どこもまわりの環境がとっても似ている。
昔ながらの商店街があって・・・というかんじが。
横浜も同じだったよ。
お店を見ながら歩くと飽きなくて結構すぐに着いちゃいました。

きれいな劇場でした。
中ももちろんめっちゃきれい。
舞台も奥行きが結構広くてびっくり。


花吹雪はやっぱりイケメン揃いで、それだけで見てて楽しいね。
真ちゃんがまたまたかっこよくなっててびっくり。
すごく勢いを感じる人なんで見てて気持ちいいです。

ショーでの愛ちゃんがめちゃめちゃかっこよくて撃沈。
やる時ゃやるんだよっ!と言ったとか言わなかったとか。
言ってないと思うけど。

梁ちゃんは久しぶりに見てもやっぱり私的イケメンでした。
ここの人たちは、踊りの時にいちいちビシッと決めてくれるので写真も撮りやすくて楽しい。


ただ、芝居がねぇ・・・。
出し物的にちょっと・・・でした。

春之丞さんが鼻の穴を大きく黒く塗って三枚目をするのは大変珍しいらしくて、その点ではレアなものを見れたという喜びはあるのですが、そもそも鼻の頭を赤く塗った寿美座長が見たくて行った…みたいなところもあったのでちょっと残念。

で、その3枚目春さまがシモネタをがんがんととばされるんですが、これが笑えないの(泣)
それで笑えと言うのですかーー!!みたいな困惑に包まれてましたし。
客席もおおむね引いてましたし。
救いは京ちゃんが困った顔して「くくく…」と笑っている、フリをしている姿がかわいかったことと、物陰で聞いている芝居をしている京之介さんが「困った奴やの〜」という顔で苦笑いしているのがすごくかっこよかったこと。

どちらかと言えば京之介さんの役を春さまがやって、春さまの役を寿美さんで見たかったな〜。
絶対めちゃめちゃ面白かったはず。・・・と好き勝手言ってみる。


客席もとってもおとなしくてすごくびっくり。
横浜ってああいうかんじなのでしょうか?それともこの日がたまたま?
よく行っている友人が言うには、この日は特に大人しくてファンっぽい人が少なかったとのこと。
客席の冷静さも手伝って終始おとなしめの舞台でした。

花吹雪はとってもきれいだし若さが気持ちいい。
みんなで踊る時なんかは、ほんと見て得した〜ってかんじで、そこがとっても魅力的です。

反面、私は結構ギドギトと油ギッシュな劇団をいろいろ見てしまったので、そのギトギト感はないなぁ・・・と。
あっさりしょうゆ味です。
これはもう観る人の好みの問題でしょう。

私は・・・そうだなぁ。
ギトギトを楽しんで胸焼けしてきたらサラサラと楽しみたい劇団。そういうかんじです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして!
私も先月、ウィキッド〜花吹雪というツアーしました。ビミョ〜にニアミス?ですね。ウィキッドはよかったですよ。濱田めぐみさんを初めて生で見て感激。
花吹雪のご感想がすきすきさんと似ていたので笑ってしまいました。私には花吹雪は「きれいなお造り」みたい。もっとカツ丼食べたい!みたいな(^^;)
でも大衆演劇できれいなお造りってのもすごいなぁと思います。
博多の女
2008/08/05 12:33
>博多の女さん

博多から観劇上京されたんですね。わーわー、ニアミスですね〜ビミョ〜ですけど(笑)
ウィキッドよかったですか?私も帰ってきてから妙によかったという声を聞くもんですから、すっごく観たかったな〜モード全開になってます。
濱田さんはアイーダも物凄くよかったですもんね。違う濱田さんを観てみたいです。

「きれいなお造り」ですか…上手におっしゃいますねぇ(感心)アテにはいいんだけど、がっつり食べたい時は物足りない…というかんじでしょうか。
でも若い人にはきれいなお造りがウケるのもすごくうなずけますね。
各劇団を食べ物にたとえるのって楽しいですね〜いろいろやってみよーっと(笑)
博多の女さんもまた教えてくださいね〜
すきすき
2008/08/05 21:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
劇団 花吹雪 なんでもかんでも観劇録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる