なんでもかんでも観劇録

アクセスカウンタ

zoom RSS 劇団 九州男

<<   作成日時 : 2008/06/13 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

待ちに待った大川良太郎さまとの再会・・・一方的ですけど。

連日の大入りで大変なことになってる…という噂を耳にしてたんですが・・・
あげな凄いことになってようとは・・・。
最終週の予約を取ろうと思ったら取れませんでした(泣)
仕方がない・・・早くに行って当日券頑張ろう。

で、今日は結構頑張って早くに行ったのでわりといい席をゲット!
でも最終的にはぎっしりと補助椅子が出るほど入ってました。平日なのに。恐るべし。

久しぶりに朝日劇場に行ったんですが。
やっぱりすごいぞ朝日劇場。いい劇場だわ。
舞台も広いし設備も整ってるので、芝居でもいろんな工夫があって楽しかったです。

暗転が結構多かったんだけど、一度暗転を見せるっていうのがあって、ネット状の幕をひいただけで舞台上で何をしているのか透けて見えたわけです。
裏方さんが大道具をセットしてたり役者さんが自分の位置にスタンバッたりっていう慌しい様をまるで覗き見るような感覚で見れて、とても楽しい趣向だと思いました。
特に私は暗転の時の舞台だとか役者さんウォッチングが好きみたいなんでワクワクしちゃう〜♪


芝居は見ごたえのあるとても力の入ったものでした。
清水の次郎長と国定忠治が出てくるんだから、迫力があるに決まってら〜ってかんじですが、忠治役の伸吾さんが上手いっ。そしてもちろん次郎長の良太郎ちゃんのかっっっくいいこと!(結局そこかいってかんじです)
日本正美さんもはまり役だったし、くっ様(九州男さん)も志村けんのような殿様を貫禄で魅せました。
この4人の芝居は安心してみていられますねぇ。
前回、和歌山でのお芝居は「笑って笑って60分」ってかんじだったんだけど、今回は真っ向勝負のお芝居でした。そりゃあ笑わせてくれれば嬉しいわけだけど、たまには「おぉっ」って思わせてくれる芝居もいいかな、と素直に思えましたし。

たくや君のお芝居も踊りも前回見た時よりすっごくお上手になられてる感じがしてびっくりでした。
剛君って・・・いつもあんなかんじ?違う意味でびっくりしたりして・・・。


今回は次回の前売り買うぞ〜っなんて意気込んでたんで口上の時からソワソワワクワク。
前売り販売開始・・・でも良ちゃんはこっちまで来てくんない(泣)
私は今回は絶対良ちゃんから買いたいのっ!すでに駄々っ子モードに突入の私を見て観劇友が「こっちからまわって行って良ちゃんから買えばいいんやん」と連れてってくれました。ありがとー。うれしー。アミーゴー。

「3枚くだしゃいっ」とニタニタしながらそれでも目だけは良ちゃんの美しい顔を「がん見」しながら言うと、良ちゃんは「ありがとございま〜すっ」とニッコリ笑ってがん見返ししてくださいました。

良ちゃんは送り出しの時も必ず、ひとりひとり目を覗き込みながらぐぐっと握手してくださいますの〜。
目と手で鷲掴みされたら、もう逃げられましぇ〜ん、ハラヒレホ〜


ショーですが、初っ端の妖しい色っぽすぎる美女・・・いきなりですかーーーいただきます〜〜〜。
良ちゃんの女形は、ほんとに艶やかで華麗でネットリしてて・・・と思ってたら、幕の裏に入って次の瞬間めちゃめちゃ哀しげなはかなげな、ちと年増っぽいネロっとした女で出てきた〜。
この早替わり・・・いつ見てもすごいっ。

三条千尋さんの立ちと良太郎ちゃんの女形での舞踊。
ちょっとちょっとぉ〜、この取り合わせいいんでないの?
美しいよ〜〜うっとりしちゃった。

凛々しい立ちの良太郎ちゃんがむらさき要さんをいじめるという舞踊ショー。
美しきS☆大川良太郎。
出来ればこういうストーリー性のある楽しい湧いた踊りの時はお花をつけに行かないで頂きたいと痛切に思いました。ちゃんと観たいじゃん。演じ側も段取りがあっただろうしさー。あそこでお花つける人がいなかったら最後の展開はどうしてたんだろう…とか思うととっても悔しいです。
・・・ってお花入れない私が言うのもどうよ、と思いますけどね。

くっ様と良太郎ちゃんの掛け合いは楽しい。
今回初めて見た観劇友が「なんかあの人かわいいね」と言った。
やっぱりわかる?あんなにおっちゃんなのに母性本能をくすぐる何かがくっ様にはあるのね。
ほんと、かわいいのよね〜(失礼ですよね、ごめんなさい)

そして最後のショーは「夜王」
ひょっとして洋舞?と思ったら洋舞でした〜わーいわーい。
しかもホストだよっ、ホスト!
めちゃめちゃかっこいい・・としか言いようがない。
こんなホストクラブにはまっちゃったら人生踏み外すよな〜と思いながらぼんやり見てました。

今回は全体的に割と落ち着いたかんじだったんで、この最後の夜王が余計に引き立った気がします。
そういう意味では全体のバランスだとかポイントだとか、3時間をトータルして構成してあるんだなぁと思ったり。
すごいです、あらゆる意味で。

良太郎さまにはまだ会えます。
嬉しいな〜


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
劇団 九州男 なんでもかんでも観劇録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる