なんでもかんでも観劇録

アクセスカウンタ

zoom RSS 本家&新生真芸座5月3日(浪速クラブ昼夜)

<<   作成日時 : 2009/05/03 23:56   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

GW真っ最中の3日。
憧れの昼夜通し観劇でした。
さすがに7時間あの硬めの椅子に座ってるのはキツかった…夜の送り出しでは尾てい骨をさすりながら握手してもらう私でした。
この日も昼の部は恐ろしいほどの盛り上がり。
劇場揺れてましたし。

両座長ともミニショーからぶっとばし〜
梅さまがいつもの煽りで拍手を求める。場内ヒートアップ&アップ&アップ…きりがない。
そして昇さまも負けじと「もっと拍手しなっ!」とジェスチャー。
一瞬恐怖に凍りついた観客…足りなかった?足りなかったのね、拍手…許して〜あたし頑張るから〜。
こうして観客の心はひとつになって必死でハンチョ…というか叫び声と拍手で応える。
ええ話や、泣いてもいいよ。

画像


画像


お芝居は「深川浪人噺」
またもやガッツリした重いお話。真芸座十八番のひとつだそうです。

もうとにかく昇ちゃんが悪いヤツなの。嫌になるくらい悪くてひどいヤツで素敵☆
子役の小梅ちゃんにマジで頭を小突きまわすんですけど客席からは「いやっ、いややや…」と、教科書どおりのリアクション。
それでもやめない悪人昇にまたもや「えええ〜」と叫びにも似たリアクション。
凄い演技力だわ、哀川昇!
この怖い怖い人がショーでかっこよく、そして妖艶に踊るんだからそのギャップにコロリ続出も納得だわさ。


さて、あなたの梅之助は腕がたって妹思いで物静かでかっこよくて素敵でいいお尻で…関係ないか…
ただこの人、すぐに人を信じちゃうの。だもんで騙されて殺されちゃう。
途中、名場面の小梅ちゃんを口で加えて立ち回り〜
お〜これか、噂の場面…やっと見れた…感動。

で、この役、肉体派役でこれ以外にも小梅ちゃんを腰紐を掴んで背負ったり、プロレスの技並みの荒技が繰り広げられる。
でもまさかひろみさんをお姫様抱っこするとは知らなんだ…それは腰にくるわ。

で、私は今回殊勝にも悟ったのでした。
よかった、私が梅ちゃんの嫁じゃなくて…。
私が嫁だったらひろみさんの役を私がやって梅ちゃんは私をお姫様抱っこしなきゃならないことになるもん。
あ〜ダメダメ、梅ちゃんが壊れちゃう(涙)
そういうわけで身をひきます…
ってすでに脳みそ溶け出してます。



夜の部ではちょっと酔っ払い系の叫び屋がいて、嫌な感じがして心配したんだけど、後半の芝居の迫力に水を打ったように静かな客席、そしてすすり泣きの音、割れるような拍手…これぞ真芸座の真髄やんかいさ(その割には言い方が軽い)

ま、正直肩がこりました。息を詰めて見るっていうんですか…。
観劇友は昼が終わった時点で「こんなん2回も見るのん無理っ!」と泣き言言ってましたし。
頑張るんだ、友よっ!夜明けは近いぞ!


ショーで印象に残ったのは哀川座長の「鶴の恩返し」
幼い頃親しんだあの鶴の恩返しの鶴子さん(仮名)が、あんなに色っぽい人やなんて知らんかった…ボーゼン
あんな色気で「決して見てはいけません」なんて言われたら絶対絶対絶対見るね!…と、またオヤジ発言。
隣で観劇友が「私も見る見る〜♪」
おぉ友よ、キミもやっぱりオヤジだね。

その鶴子さんはやっぱり実態は鶴なので、鶴っぽい動きをします。
昔流行ったロボットダンス。これが出来ればディスコでもてもてさ♪という技でした。
これを舞踊とドッキング…昇ちゃんのこういうチャレンジ精神が大好きやなぁ。
ま、夜はちょっとロボットダンスが少なめになってたけど。
こうやって一番いい感じを見つけていかれるのかしら…とか。
最後に鶴子さんが飛び立って行ってしまって悲しかったの(涙)
こういうストーリー性のある一曲は贅沢ですね。

画像




あなたの梅之助も負けてはいません。
片えくぼを出したり引っ込めたりしながら踊ります。

画像



女形の踊りは何回見てもため息です。
どう表現すればいいのか…着物の中で足が膝がつまさきが、もにょもにょと動きます。まるで知らない生物のような。
その動きが悶える女心、燃える女心、耐える女心を引き立てます。
あのなんとも言えないもにょもにょとした空気がたまらなく好きなんですけど、伝わらないよねぇ、この駄文じゃあ…。

そして大好きな階段のぼり。一段一段丁寧に大切に登って行かれます。
あぁ、どうして浪速クラブの階段は4〜5段しかないのかしら…
30段くらいあったらホントに嬉しいのに。
でも舞台がめちゃめちゃ高くなって首が痛いけどさ。

画像



この日の梅さまは芝居でもショーでもとにかくかっこよすぎ。
ファンの戯言ではありますが、あまりにかっこよすぎて引いちゃいました。
…私、ほんとにちょっと変なファンみたいだな…

普通、ブサ系のご贔屓を初めて観た人に「違うねん違うねん、いつもはコレじゃないねん」って言いたいと思うんですけど、今日の私は「違うねん違うねん、私の梅之助はちっょと違うかもやねん。」みたいな…。
というか、これだけじゃないのよ、かっこいいだけじゃないのよ!幅の広〜い役者なのよ、と言いたいのかしら。どうなのかしら。
それともあんまりにもかっこよすぎると、あたしの梅之助じゃなくなっちゃう気がするのかしら…
って、最初からあたしの梅之助じゃないんですけどね。
なんせみんなの梅之助ですから。

画像


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
真芸座の芝居にも負けない絶品の内容です。私も1日、3日と観ましたので、「そう、そう」とひざをうちながら、手をたたきながら読ませていただきました。家でよかったです。外で読んだら周りが頭のおかしい人と思ったでしょうから。梅さまと昇さまを観るのは今度が初めてでしたが、ほんとうにあてられました。舞踊はyoutubeでみて予想はしていましたが、濃い芝居には驚きました。すきすきさんの見事な描写で反芻することができました。ただただ感謝です!すごい文才、それに感受性!これからもレポート、楽しみにしています!!!!
よしえ
2009/05/11 21:42
>よしえさま

あの濃く熱い現場にいらっしゃったんですね。
想いを共有できて嬉しいです。
初めてご覧になってハマって頂けたようで、それも嬉しいですね〜
お笑い系のお芝居も違う意味で凄いですのでよろしければまたお出かけ下さいね。

>外で読んだら周りが頭のおかしい人と思ったでしょうから

ははは、そうですか。真芸座を観ちゃったらある意味「キミもボクも頭のおかしい人さ」ってかんじになっちゃいますので気をつけたいものです(笑)

楽しく観劇して楽しさをここに来て下さる心優しい方々と共有できたらほんとにシアワセです。
今後ともよろしくお付き合い下さいませね♪
すきすき
2009/05/11 23:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
本家&新生真芸座5月3日(浪速クラブ昼夜) なんでもかんでも観劇録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる