なんでもかんでも観劇録

アクセスカウンタ

zoom RSS 劇団 炎 舞 (明生座・昼の部)

<<   作成日時 : 2009/02/22 23:59   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

昨年の7月に初めて炎鷹さんを観ました。
「ひぇ〜」って思ったの。
なになになになになに…この人って・・・というかんじ。

帰宅後も私はもしかしてあの人に心惹かれたんじゃなかろーかと思って
納豆を食べたあとの口の周りみたいなベトベト感から逃れられなかったわけです。

これは確かめなければ!そうしなければもう二度と納豆が食べれないかも!
そんな危機感で10日後確かめに行ったわけです。
でもってやっぱり同じく「ひぇ〜」と思ってレロレロになってこの人好き〜〜と確信したのでした。

そのあと関西を離れて座長になって劇団名が変わって・・・といろいろあった炎鷹さん。
頑張ってるよ〜という風の噂は聞いてたけど。

先月久々の関西公演での再会。
奈良はやまと座での千秋楽。
座長として仕切りなおしをしたばかりの炎鷹ちゃんは噂どおりがんばってましたねー。
これでもかーーっ!ってくらい出てきて。
その頑張りに涙が出そうになったもん。

で、今回大阪は明生座。
今回もやっぱり頑張ってましたよ〜
ホンマ頑張ってた。
ご本人もミニショーの幕が降りる瞬間「がんばるぞ〜」って雄たけびを上げておられましたしね。
その心意気がぐっと伝わってくる舞台でした。
だってね、ミニショー3回、芝居は出ずっぱり、歌謡ショーは立ち2回女形3回歌1回ですぜー。
エンオー&エンオー&エンオーですわ(意味不明)


お芝居は「兄妹」
ほんとの妹の蝶々ちゃんとの絡みが凄いっ。
マジでほっぺたを張り合いするのは序の口で、髪の毛掴んで引きずり回したり、蹴りいれたり…
最初は笑って観てた客も、段々「ひーーっ」ってなってましたし。
あと1分、やってたら「まあまあ、それくらいにしとき」って割って入ろうかと思ってましたもん(嘘)

で、その芝居の反応が面白いなぁと思ったんですが
号泣してる人と「は?」という人とにわかれたこと。
私の前の人はそれこそハンカチ絞れますわ…ってほど泣いてらしたんだけど
隣のおばーちゃんはお芝居が終わった瞬間に「つじつま合ってへんやん」とボヤき出してた。
「なんで?なんであそこでそうなるん?」みたいな。

私は…どちらかというとつじつま合ってへん…とうより、ちょっとその展開はわかりにくすぎるやろ〜
と思ったんでしたが、それはそれとしてやっぱり炎鷹ちゃんはお芝居うまいなぁと思ったのでした。
ぶっちゃけ、最後は芝居の力でぐぐぐっとゴールまでもっていったってかんじでしたから。
そこは凄いよ、力あるよ、上手いよ〜

蝶々ちゃんもよかったなぁ。
私は踊りの時のお化粧をしてるより普通っぽいかんじのほうが断然かわいいと思いました。

友人はボスがお気に召したようで「この人絶対若い時オトコマエやったと思うわ〜」と。
そ、そうかな…う、うん、そうかもね。
でも相変わらず歌は激ウマだしトークもオモロすぎ。
もん太さんって奥さんに逃げられたそうで(ボス談)誰か嫁になってやってくれまへんか?と。
それで最前列のおばーちゃんに
「失礼やけど旦那はご存命?」
おばーちゃんクリア。
「よかったなー。そしたら子供さんはみんな独立してはる?」
おばーちゃんクリア。
「よかったなー、もうちょっとや。そしたら65過ぎてはる?わなぁ」
おばーちゃん軽くクリア。
「よっしゃ、あとひとつや!郵便貯金あります?」
おばーちゃん首を横にふる。
「あかーーん、惜しかったなぁ。貯金がないのはアカンわぁ。もん太、あきらめや」
どんな会話や・・・。

で、ショーでは座長の娘さんたちの激しいダンスもありました。
私は初めて拝見したんだけど、下の娘さんは座長にそっくりよね。
くりくり〜っとした目で一生懸命踊る。
なにげに見得を切ってる顔になるのが生まれながらの舞台人ってかんじで
先が楽しみだあねぇ。

座長の女形、大好き。
キュートでネロっとしててたまらんっ。
凄く若くなったりちょっと年増っぽくなったり、いろんな表情が楽しいねぇ。
写真も撮り甲斐があるなー。

3回目の女形の時。
客席の後ろから登場。
やった!今日一番のネロネロ系や!
ちょうど私のあたりでピタリと止まってネロリンチョと踊る炎鷹さま〜

もうここからがたまらん炎鷹劇場の始まりでした。
ちょうど私の斜め前の通路側におばちゃんが座ってまして。
そのおばちゃんの髪型がなんというか、細か〜〜いパンチパーマというか大仏頭というか
チリチリチリチリ〜というか…思わず触ってみたくなる、そんな髪型だったわけです。

炎鷹ちゃんも同じ思いだったんでしょうね。
踊りの振りついでにおばちゃんの頭をぐりぐりぐりと触りましたのよ。
おばちゃん「いややわぁ」ってなかんじで手でセットを直す。

また、ちょっと踊った後、炎ちゃんが触る。
おばちゃんセットを直す。

この繰り返し。
もうその繰り返しが腹がよじれるほどおかしかったわけです。
ネロネロのきれ〜な女形姿のまま済ました顔でおばちゃんの頭を時には後ろから
前に、ぐちょぐちょとなぜる。時には襟足から頭のてっぺんへとすべるようになぜる・・・。

ちょっと後ろまで踊っていって前に戻ってくる。
おばちゃんの横を通る。
触るで〜触るで〜触るで〜ほぉら触った〜がははははー

ほんとにすいません、人さまの頭で笑い転げちゃって。
だけどね、おばちゃんもいちいちセットを直すんだけど全然かわらないんだよね、
それがまたおかしいの。

炎ちゃんはね、多分これが面白すぎてなかなか舞台に上がらなかったんですよね。
おかげで私はお得度100%でしたわ。

やっと舞台に上がってひと踊りし終えた炎ちゃんでしたが舞台を去り際に
クルッとおばちゃんのほうを振り返って、それはそれは大きな声で一言!

「美容院どこ?」

ホンっとすいませんけど、人さまの頭ネタで笑い死にしました。
大衆演劇を今まで観た中でひょっとしたらナンバーワンのアドリブかもしれへん。

でもほんとにその場にいたみんなの共通の疑問だったと思いますけどね、
どこの美容院に行ってるのか。
友人曰く「あれはパンチパーマやから美容院じゃなくて散髪屋のはずや」だそうです。
是非、送り出しの時に炎ちゃんに教えてあげて欲しかった・・・


今回の舞台はこの「おばちゃんの大仏頭お触り事件」に尽きるのよね。
正直、これしか覚えてません・・・みたいな。
そのあと、おばちゃんの頭を触ってみたい欲望を抑えるのに大変でしたよー。
だって手を伸ばせばそこに炎ちゃんが夢中になった頭があるのよ・・・
欲望との戦いでそのあとはよく覚えてない。

ただ最後の最後まで炎ちゃんが出ずっぱりでめちゃめちゃ頑張ってて
竜ちゃんも秀ちゃんも光ちゃんも、ちゃんもそれを凄く頑張って支えてたってことはよーくわかった。
そっかぁ、炎舞に生まれ変わったんやなぁ。
頑張る姿っていいよね。見てて気持ちいいよね。
なんだか元気を貰った公演でした。

ありがとー、チリチリのおばちゃん・・・ってそこかいっ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
炎鷹サン、ほんとに楽しい舞台ですね。4月1日に朝日で見てみました。
澤村千夜さんの舞台もすごい舞台でした。是非見に行ってあげてください。
yoshiepen
2009/04/04 23:52
>yoshiepenさん

こんにちは、お返事遅くなりました…
初日の炎鷹さん、ご覧になられたんですね。
朝日ってことで気合も入られてたことでしょうね。
私も今日これから炎鷹ちゃんに会いに行ってきます〜♪楽しみ〜
千夜さんは拝見した事がないです…yoshiepenさんのおすすめということでしたら機会があれば是非行ってみたいと思います
すきすき
2009/04/14 09:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
劇団 炎 舞 (明生座・昼の部) なんでもかんでも観劇録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる