なんでもかんでも観劇録

アクセスカウンタ

zoom RSS 本家真芸座&新生真芸座 (豊橋遠征記)

<<   作成日時 : 2008/10/11 00:00   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

今月は遠征できないはずだったんですが、急に直前になって「行けるやん!行こ!」ってことになりまして。

なんせ先月の遠征先、浜松バーデンバーデンで袖触れあったおばさんに頂いた豊橋健康ランドの回数券がある!(その事情はこちら参照)
前回、車で3時間半と見込んでいたら、4時間少しかかってしまったという苦い経験と、今回は回数券を使うために予約を入れずに出かけたということもあって、6時半出発。ご苦労さん・・・

名神高速の豊川ICを降りてから約40分走って11時到着。
まずまずの走りだったのではないでしょうか。

豊橋健康ランドは見かけはまさしくパチンコやさんだったけど、バーデンに比べると全然きれいで明るいかんじです。
大宴会場は、想像していたよりずっとこじんまりしていて、縦より横に広いかんじ。
結果的に、縦長のバーデンでは照明がきれいに届かず写真が撮りにくかったけど、こちらでは照明がきれいに届いてました。

余談ですが、食べ物もイケるかんじでした。海のそばだけあってお魚類がいいかんじだったし。
ムームーも派手で「HAWAII」とか書いてある(笑)おばあちゃんたちはムームーの上に自前のベストを羽織っているのでまるで私服のようで可笑しい。

で、お席は満席の大賑わい。
ひとつのテーブルに6人座るんだけどテーブルが小さすぎ。
どう見ても4人用でっせ、これ。
舞台のほうを見て座ったらかなり前後の人と近っ。



さてお芝居は「板前兄弟」
すごく見たかったんだけど明生座で見損ねただけに嬉しい演目でした。

しかし、やっぱりこれも「おブサの梅ちゃん」バージョン。
はるばる豊橋まで凹みに来た自分がいとおしい。
でもなんだかんだ言ってもおブサ梅ちゃんはほんとに面白いのよね。

おブサな兄貴とちょーかっこいい弟。
誰が見たってかっこいい弟がいいに決まってる。

・・・ちょっとちょっと!
梅さまと昇さまのことではありませんよっ!(被害妄想大)
あくまでも役柄の玉五郎とキクのことですから。

今回もプライベートなアドリブ満載。
「おめー、やっぱり女は若いほうがいいって化粧前でつぶやいてたじゃねーか」
「おいっ、俺の戸籍がまた汚れるようなことを言うなっ!!」
こんなアドリブ、昇ちゃんがアレでソレだってことを知ってる人にしか笑えんやん。

おブサの梅五郎・・・じゃなくて玉五郎が自分の容姿に落ち込んで1人でそっと手鏡を覗き込むシーン。
そーーーっと覗いて…ポツリとつぶやく。
「ショックッ・・・」

だーーーっと派手なリアクションじゃなくて、引いて笑わせるあたりのこのセンスが私は大好きなんですよね。
でもセンターはお年寄りが多いのでドタバタ風のほうが笑いは多い。


芝居の中で昇ちゃんが梅ちゃんをマジでパチーーンと叩くシーンがあるんです。
昇ちゃんはここぞとばかりにおもいっっっきり梅ちゃんの背中やお尻を叩きます。
そのたんびに梅ちゃんは「ス」の声で「いたっ」と叫びます。
もうその声だけでも悶絶ものなんだけど、低い高さの舞台の脇に寝そべってるので顔が見えないの。
顔が見た〜い。痛がってるスの顔が見た〜〜い・・・と、まるでS的発言で恥ずかしい。

その顔が見たさに、次回大阪の劇場に帰ってこられた際には、この演目は必ずリピートするぜ!と決めたのでした。

芝居自身はほとんど中身のないお話なわけですが、お二人の兄弟座長を愛するファン的にはそりゃあもうレアなハズせない演目だと思います。

片岡梅之助も哀川昇もお芝居の声がほんとに「いい声」だと毎回つくづく思うのですがアドリブなんかでわりと普通にしゃべってて、いきなりパッとお芝居のいい声を張るとその切り替えの潔さとか、一瞬の集中力の凄さとかに圧倒されたりするわけです。
これはいわゆる「芸の真芸座」の骨頂だな…と1人でご満悦な私。


あ〜笑った笑った・・・と、終わったあとの顔を見た観劇友が言う。
「笑いジワで顔がしわだらけやで」
「あんたもな!」

舞踊ショーは、昼も夜もなんだかお二人ともご機嫌がいいかんじでノリノリでした。
特に哀川昇座長のあの赤い薔薇のお着物での登場には客席から「うわ〜」のため息が・・・。
今日もやっぱりええ女じゃった。

対する片岡梅之助座長のいち押しはラベンダー色の笠をかぶった長髪の立ち。
笠が似合う。傘ではなくて笠です。頭にかぶるほうの笠ね。
日本一、笠の似合う男に認定させていただきます(勝手に)
キリリとええ男です。おブサの玉五郎がこの人だって、初めて見るおばあさんはわかってらっしゃるのだろうか…と心配になる。


大五郎君がとても頑張ってましたね。
おぬし、腕をあげたのぉ・・・というかんじ。
棒を持って振り回す踊りとか刀を持って抜き差ししながらの踊りとか・・・それはそれは見事でした。
あれだけ道具を使いこなせるのはやはりお稽古の賜物だろうと思います。


とにかく、充実した舞台を久々に見せていただいて大満足。
楽しかったの〜。はるばる行った事を後悔させない内容でした。

もちろん大入り。
大入りティッシュは今回はまあいいや・・・と思って手を出さなかったんですが、
最後の2個がふっとこちらの方向に飛んできた時、左手でカメラをかまえたまま右手を軽くあげたら、人差し指と中指の間にティッシュが勝手に飛び込んできたのでした。
おーー!これはまさしく私のために生まれてきたようなティッシュじゃ。
ありがとー、ありがとー、私は幸せです。
と思って向かいを見たら、二個のうちのもう一個は観劇友が同じく、さりげなくゲットしていました。
あんたも幸せか?そうか、よかったなぁ。


素晴らしい一日に感謝しつつ名神高速に向かった私たちですが、そこはお決まりの珍道中。
高速に乗るまでに一時間以上かかってしまったの(泣)
「ここどこ?」と言いつつガハガハと笑ってる私たち。
おまえたちに「不安」という文字はないのか?

そんなこんなでやっぱり帰宅は1時過ぎ。お疲れ様〜
真芸座LOVE!の一日は最高だったのでした。

ということで写真は「日本一バラ柄と黒い手袋が似合う哀川昇」と「日本一かぶり笠が似合う片岡梅之助」だ!

画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
奇跡のティッシュゲット。
最後の二個を2人でダイレクトキャッチは
すごいんじゃないですか?ほんまに。
行った価値のある舞台でした。
梅昇サイコーな1日でした
きょう
2008/10/13 10:24
>きょうさん
無事に帰れた事もかなり奇跡ですが、それ以上にやっぱりティッシュですわなぁ
ティッシュを舐める様に匂うのはやめようねー(笑)
やっぱり座長が二人交互に見れるって贅沢ですねぇ
すきすき
2008/10/13 11:52
可愛い
哀川先生
片岡さん
早く会いたい
龍LOVE
2008/11/09 12:40
>龍LOVEさん
お好きですか〜?
わーい、仲間だ仲間だ〜

会いたいですね〜
どちらのかたですか?
関西かな?それなら5月までお預けですね。
九州?7月まで…
どっちにしても長いですねぇ(泣)
すきすき
2008/11/10 20:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
本家真芸座&新生真芸座 (豊橋遠征記) なんでもかんでも観劇録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる