なんでもかんでも観劇録

アクセスカウンタ

zoom RSS 劇団 蝶々 (弘次郎座長お誕生日特別公演・昼の部)

<<   作成日時 : 2008/09/16 00:00   >>

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2


これはもう随分と前から楽しみにしていた公演でした。
なぜかと言うと、ずっと気になっていた龍美麗さんがゲストで来られると聞いたから。
龍さんは関西の劇場での公演がほとんどないんですよね。
だから滅多に見られない。
こりゃあ行くしかないやろ〜ってことで。

もちろん蝶々の評判の男前、中野加津也さんも楽しみだったし。
実物もやっぱり男前でした。
またしてもトイレ待ちで並んでいる時に通りかかられた(炎鷹さんとのはじめての出会いもトイレ待ちだった)加津也さんは、ちょっぴり大人しそうで誠実そうな好青年でした。
舞台に立ってもその印象はかわらず、男前なのにちょっと自信なさげなところがおばさま心をくすぐるのかしら…というかんじでした。
ただ、ちょっと表情に乏しい印象をうけたのですが、実際どうなのでしょう…。

あ、もちろん弘次郎座長、お誕生日おめでとうございます。
38歳だったっけ・・・石原裕次郎さんをほうふつさせる風貌と芸風の貫禄のある座長さんでした。

あと、この劇団も若い男の子が結構いて、中でもまだ幼さが残るじん君は、そりゃあもうかわいくてメロリンキュ〜〜でございました(満面の笑み)
メイクした顔に少し愁いがあって、踊っている最中も表情がくるくるとかわって見ていて飽きない。
キラキラした瞳と小柄な体つき・・・・お芝居の子分役で主役たちのまわりをヒラヒラと行き交う姿はまるで「妖精」のようでした。
私は勝手に「妖精君」と名づけたり。

それとは正反対に渋くてニヒルでクールな悪役見ーーっけ♪
幕間に観劇友と「あの悪役の人ってさー、お芝居上手だったよねぇ」「なんかすごいかっこいいオーラがあったねぇ」「あれ誰?」って話していると前の席に座った粋なファッションのおばさまが「誰?誰?教えたろっ!あの人か?あれはなー、あおい竜也さんやで。ええ男やろ〜。あなたたち、なかなか男を見る目があるわー」
なんかわからんけど、誉められちゃったでー。嬉し〜。

ほんとに粋でいなせでクールでニヒルで不敵で素敵。
客に媚びないぜ。おれぁ、あおいだ!・・・みたいな(勝手な妄想)
でもアドリブはクスッと面白いの。
は〜〜、かっこええ男、またまた見つけたり〜!


では、ゲスト編。
金沢つよしさん、じゅん君兄弟。
すごく歓声が多くて人気にびっくり。
でもずっと見ててわかったです。
何かしてくれそう…っていう期待感ね。
で、ちゃんと期待に応えてくれる。大阪人好みの役者さんです。
じゅん君はとってもかわいい。愛想が良くてキュッと笑うんですな。
おばさんのハート鷲掴み〜〜〜
実際、おばさまがたが「じゅんく〜ん」と黄色い声で声援を送ってました。

浪速クラブは花道がなくて、椅子席と桟敷の区切りは幅10センチくらいの欄干があるだけなんですが
女形姿でその上に乗ってスルスルと綱渡りのように歩いて後ろまで行くサービス精神は
ただただ拍手ものでした。

南條隆さん。美麗さんのお父様ですね。
なんかねぇ、雑誌で見ていたのとイメージが全然違ったの。
すごいオーラと存在感があって、男気とあったかさと誠実さと渋さがぶわぁ〜っとあふれてました。
正直、びっくりしちゃった。
なに?この人・・・って。
さすがスーパー兄弟を育てた人だけあるわ。
一曲踊られましたが、次は是非お芝居が見てみたいです。

美麗さん、きれい・かっこいい・素敵・お芝居上手い・踊りサイコー。
他に誉める言葉があれば教えてください。
しゃべる時の口元がとても美しいなぁと感じました。
踊りは女形と立ちの両方見れて満足。
美しくて気品のある女形でした。
そして美しいだけではなくて踊っている姿に芸があるのよね。
立ちも、しかり。
顔にタトゥーのシールを貼ってツンツンと立たせた金髪、かっこい〜ブランド着物にチェーンの腰巻で切れ目なく踊る姿に、観客はしーーーーーーーーん。終わった瞬間「お〜〜〜っ」ぱちぱちぱちぱちぱち・・・・
これよこれよ。こういうのが観たいの。

でもって弟の南條影虎くん。
こちらもいちいち品があるのよね。
女形はポッテリした顔立ちがそのまま色気となって魅力的でした。
が、なんと言っても立ち。
刀を持って裃を付けた侍姿。
青天にちょんまげが凛々しい。
キレのある踊り・・・そして刀を持ってくるくるくるくるとまわして投げてキャッチする・・・
これを繰り返すわけです。もちろん手元も刀もほとんど見ません。
まるで刀がバトントワリングのバトンのようにくるくると。
こちらも客席はしーーーーーーーーーーーーん。
そして終わった瞬間「どーーーーーーーーーー」とどよめく拍手の嵐。
かっこよすぎ。

この兄弟は凄い。
どーしても本公演が観たい。
我慢できずに送り出しで観客友が影虎君に「関西は来られませんか?」と聞きました。
来年は新開地がある予定だそうです。
嬉しすぎ。


今回、あおい竜也さん、中野じん君、龍美麗君、南條影虎君・・・男前4人も見っけ♪
そして誕生日粗品のハンカチと紅白餅まで頂いて1800円。
あぁ、涙が出るほどお得。
ありがとう、ありがとう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
驚いた 驚いた
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私が、始めてスーパー兄弟をみたときのことを思い出しました。
あの時は、ほんとに凄かった〜!!!
結構な広さのセンターですが、入れずに帰っていく人が沢山いました。
それくらいに、もの凄い人であふれかえりましたよ。
大勝館がなくなってからは、関東でも、なかなかみることが出来ないんですよ(T_T)
プードル
2008/09/21 15:04
>プードルさん

うわぁ〜、そんなに凄かったんですか?
でもその人気がよ〜くわかった気がします。
関東でもなかなか…ですか?最近は地方公演が多いみたいですね。早く本公演が観たいです〜

大勝館、老舗のいい劇場だったんだそうですね。
もう復活されないのでしょうか…
とっても行ってみたいんです
すきすき
2008/09/22 01:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
劇団 蝶々 (弘次郎座長お誕生日特別公演・昼の部) なんでもかんでも観劇録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる