なんでもかんでも観劇録

アクセスカウンタ

zoom RSS 劇団 のぼる會 (昼の部)

<<   作成日時 : 2008/09/13 00:00   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4


初めての劇場、西成にある梅南座。
他の劇場同様に「え!こんなところに劇場があるの?」的な細道沿いにありました。

中に入ってびっっくり。
客席狭いです。
縦に長くて、横は8席くらいしかありません。

しかしそれよりもっとびっくりは舞台がもっと狭かったの。
役者さんが袖から出てきてトコトコトコ…5歩も歩けばもう反対側の袖に入ってます…みたいな。

だから立ち回りなんて到底出来ません。
「待ちやがれ〜」と刀をかまえて、さあここから立ち回りだぁ〜…と裾に入っていく。
舞台上は狭いから楽屋で対決だ!たいな。

余談ですが、この日は夜は朝日劇場に行ったんですが、梅南座仕様になってしまった目には
朝日劇場が厚生年金会館に見えましたし(大袈裟)

この日のお芝居は「武士道残酷物語」という、それはそれは残酷なお話だったんですが
私には「舞台上残酷物語」に見えて、もひとつ感情移入できへんかった(泣)


でもこの劇場、楽しいんです。
大入りの時には「大入り」のタペストリーを劇場のおばちゃんが持ってきて
横の壁に吊るすんです。
そのおばちゃんはなぜか真っ赤な髪の毛のかつらをかぶってます。
吊るしながら「こいずみっ!!座長!!」とかハンチョかけてます。
私は最初、劇団の人?と思ったのですがよく見るとさっき切符をもぎってくれたおばちゃんでした。
帰りにおばちゃん用らしき棚を覗くと、違うかつらも入ってた。違うパターンも見たい!(笑)

違うおばちゃんは、遅れてきた人を席に案内しながら「たつみっ!ダイヤっ!」とハンチョかけてるの。
ダイヤ君も普通におばちゃんにお辞儀したりして。
劇場と役者さんとお客さんが一体になれる劇場。これぞ昔ながらの大衆演劇の小屋というかんじが楽しかったですねぇ。

幕間には客席までおでんを売りにきてくれます。
狭いけどあったかい雰囲気の劇場です。


で、小泉たつみさんね。
すごくかんじよかった〜。
なんやろなぁ…かもし出す雰囲気がクールなようなヌーボーとしてるような。
無口でシャイな人って聞いてたんで、想像と全く違ったし。
しゃべり好きな愛想のいい親戚のお兄さんってかんじね。(いや、年下ですけど)

たつみさんもダイヤ君もめっちゃ「ええ男」でした。
きれいね。見てて気持ちいい。
立ちも素敵だし女形も綺麗。
この二人が次々と何度も出てきてくれるのはほんとに贅沢感があって好き〜。
特にふたりの相舞踊はほんとに贅沢。
立ちのたつみさんが女形のダイア君にキスしようとするところなんかほんと贅沢(なぜにそこ?)

愛 飢男さん、ネーミングセンスが抜群やなぁと思ってましたのでお会いできて嬉しかった。
どうもこの劇団のムードメーカーのようで、この日も座長に散々いじめられていい味出してはりました。

小泉一馬君は俳優の姜 暢雄さん似で笑顔がとってもかわいいんだけど、いかにも不器用そうで
あらあら感が否めない。いやでも、なんかかわいいんですけどねぇ。
どこの劇団でもやっぱり若手不足が深刻なんだろうなぁなどと余計な事を考えたり。

でも予想通りにダイア君が美しかったので満足。
お芝居の台詞回しもとてもお上手で驚きました。
へっへっへっ、久々に若い子に胸ときめいちゃいましたよ、基本は渋専ですけど。


あ〜あ、楽しかったぁ〜
そんな舞台でした。
また絶対観たいですけど今月は忙しいので未定です。

しかし同じ月にたつみさん、飛龍さん、若丸さんが近くで公演されてるってすごい贅沢ですよね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
えっ、武士道残酷物語の日に観にいかれたんですか?
私は夜の部を観ました。またニアミスですね(^^;
夜の部では、立ち回りすごかったですよ!今まで観た劇団でいちばん立ち回りが派手でかっこよくて見とれちゃいました。
たつみ座長が口で若様の草履を揃える場面では会場中からすすり泣きの声が。すごかった〜。
博多の女
2008/09/15 03:58
>博多の女さん
あ、ほんとですね、またニアミスですね。
草履のシーンは実は前の人の頭でほとんど何をしているのか私の席からは見えなかったんです。とっても残念…。でも私の隣で見ていた友人はボロボロ泣いてましたよ。
口上で、久しぶりにやった芝居だからいっぱい手直しをしなきゃ…っておっしゃってたので立ち回り、何か工夫されたのかもしれませんね。
すきすき
2008/09/15 10:53
その日のお芝居で蝋を
使われたでしょう。
舞台に蝋が馴染んじゃって。

その後日に、
舞台で
たつみさんが
スッテンコロリしちゃったんだとか〜。
プチ情報でした。
神楽
2008/09/17 13:23
>神楽さん
ひゃ〜、スッテンコロリのたつみさん、観たかった〜(こらこらっ)だって、たつみさんならさぞかし上手に笑いにもっていかれたろうなぁと思って…
すきすき
2008/09/17 23:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
劇団 のぼる會 (昼の部) なんでもかんでも観劇録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる