なんでもかんでも観劇録

アクセスカウンタ

zoom RSS 劇団 花吹雪(昼の部)

<<   作成日時 : 2008/08/27 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

一心寺シアターという小劇場での公演でした。
天王寺から歩いて10分位・・・思っていたより全然近い。
外観も劇場内もとてもきれいで上品な劇場でした。
いかにも小劇場っぽい雰囲気で、こういうところで所謂「小劇団」の公演を見たらいいかんじだろうなぁと。
ただ、客席の椅子が固い。直角。前が狭い。
自分のお尻が直角に固くなっちゃうじゃないかと思っちゃったし。

さて、今をときめくイケメン劇団の久しぶりの大阪公演だけあって、客席はさすがに若い女性が多かったです。
ゆかたできれいに着飾ったギャルやら、目がくらむようなでっかい指輪をいっぱいつけたおばさまやら。
客席見てるだけでも面白い。

久々の春之丞さまはあいかわらずイケメンで涼やかでかわいい。そして上品でドロッとしてなくてええとこのぼんぼんっぽかった。この間見た紅大介さんのぼんぼんぽさがちょっとかぶったな、私の中で…ですけど。

今回のナイスガイは小桜愛ちゃん。
「かっこいい」から「キュート」を通って「おもろい」までパーフェクト!
横浜で見た愛ちゃんがすごくかっこよかったから今回も期待してたら応えてくれたのね、ありがとう・・・みたいな。


しかし若いパワーだけではないのよね、ここは。
寿美座長も京之介座長もやっぱり上手い、渋い、見せる。
お芝居の台詞回しひとつとっても、やっぱり違うなぁと実感しました。
それにしても京之介さんについたお花・・・すごかったな〜。
それって札束の模様の着物ですか?ってかんじでした。

ラストショーはやっぱり若い力が炸裂で迫力があって楽しいです。
いいよなー、若い人がたくさんいる劇団は・・・。
って、どこと比べて凹んでるんだよってかんじですが。

12月の新開地では改名披露っていうんですか?そういうのがあるそうで、またきっと盛り上がるんだろうなぁと。
大衆演劇が若い人たちに受け入れられるようになる救世主が花吹雪かな、という気がするので大衆演劇の発展のために頑張っていただきたいです。
って、わたしゃ大衆演劇協会でもなんでもないんですけどね。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
劇団 花吹雪(昼の部) なんでもかんでも観劇録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる