なんでもかんでも観劇録

アクセスカウンタ

zoom RSS 劇団 魅星

<<   作成日時 : 2008/07/16 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


どうにも頭から炎鷹さんのことが離れないので、こらアカン・・・と思って炎天下の浪速クラブにノコノコと出かけてまいりました。
今月を逃したら一体今度はいつ会えるのかわからん。
もう一度観て、ほんとに凄いのか確かめなければ。
この間の恋は気のせいだったのかもしれへんし。

・・・・すっげ、凄かった。
やっぱすき。あ、言っちゃった。


30分前に劇場に入ったわりには前から2列目のどセンターですか。ありがとうございます。
この席のデメリット1は首がだるい。
メリット1は表情がめちゃめちゃよくわかる。

デメリット2は水がかかる。
メリット2はまるでUSJにきているような気分になれる。


2のほうがわからんって?
ですわな。
今日のラストショーは「男祭り」でした。
ショーの前の休憩の時に劇場の人が1列目と2列目の人全員にビニールシートを配ります。
「水かかりりますんでね。使ってね」
めちゃくちゃ普通に「かかる!」と断言してるで。
「そんなにかかるんですか?」あるオバサンが聞いた。
「はい、かかります」
げっ!

で、実際・・・・めちゃくちゃかかりましたーワーイワーイ楽しい〜(喜んではるでー)
劇団員の男性が全員(除くボス)素顔でさらし一丁で出てきます。
ここの子たちはみーんな素顔でもかわいいよー。
普通に合コンやったら大盛り上がり系グループですわ。
座長も素顔がさわやか。私は座長は素顔のほうが全然好きやな。
炎さまはどちらかといえば素顔は2枚目系。
あぁ〜〜何を見ても素敵・・・(キモい)

で、男の祭りっぽく踊っている時に舞台の袖から水がかけられます。
舞台上はもちろんビニールで覆ってあるので、遠慮なしにバシャンバシャンとかけられます。
しまいにゃ、ホースで水まくんですぜー、なにそれ?
役者さんたちも客席に水をまきます。

私は先々週、USJに行ってジュラシックパークで一番前に乗って、頭洗ったん?ってくらい水をかぶったんですけど、まさしくその時と気分は全く同じ。
今回はシートがあるので、それをかぶったり、飛んでくる水をよけたりしながら・・・シート越しにかぶりました。
今日はひとりで行ってたんですが、隣の見知らぬお姉さんと「キャッキャッ、楽しいですね〜、キャッキャッキャッ」と意気投合。ほんまに楽しいわ〜。
気の毒なのは3列目。シートがないので濡れてはりましたわ、あははははー(笑ってるで)

中村勘三郎さんが舞台上で水を使って歌舞伎をする・・・なんてことが数年前に話題になったりしましたが、なんのなんの!大衆演劇界では昔から普通に水を使ってたらしいですよ。
ほんとに楽しませることに貪欲なのねぇ。


さて、最後からレポートしてしまいましたが。
今日の芝居は特別狂言「赤垣源蔵」でした。
赤穂浪士のお話ね。

うーん、全体的に暗転が多すぎて気持ちがつなげないっていうか、きつかったんです。
屋敷の前での芝居、暗転、屋敷の中での芝居、暗転、屋敷の前、暗転、屋敷の中・・・と続く。
仕方ないんですけどね。
回り舞台だとかを使えばさぞかし・・・と思いますが。

でもね、最後の5分。
ものすごかったんです。
討ち入りを終えた源蔵と兄の最後の別れのシーン。
物凄い迫力で圧倒されます。
源蔵役の座長も兄役の炎鷹さんも見守るそのほかの役者さんも、目からポロポロと涙がこぼれています。
そしてなんと客席もみんなポロポロと泣いています。
あ、私も・・・目から何かが・・・なんじゃこりゃあ〜〜(松田優作風に)

この5分のためにつなぎのキツイ部分を見てきたのか・・・と思うと見ててよかったと心から思えました。
炎さまの兄上は貫禄のお芝居。目で、表情で泣かせます。
座長の弟は死に行く者の潔さ、切なさを演じます。
この二人だからこそ出来た5分の名シーンだと思うのですが、佑之介さんがいなくなったらこのお芝居は誰がどの役を出来るんでしょうか・・・いらんことを心配します。


ショーはあいかわらず若衆4人がかわいいです。
特に今日は表情がよく見えたので竜之介さんが凄かったです。
表情がいいですね、クルクルとかわります。
目、口元・・・見てて飽きません。

比べてしまうとだめだとは思いますが秀之介さんは表情がかわりません。
男前だから、まあそれだけでも見てて楽しいんですが、やっぱり表情を研究されたらすごくいいのになぁと思います。せつない顔とかちょっとオチャメな顔とか・・・すごく見てみたいなぁ。
竜之介さんはそのあたりがとってもお上手ですね。

で、炎さま!!
立ちで登場。
私はこの曲と踊りを当分忘れることは出来ないでしょう。「男の証」
めっちゃめちゃかっこよかった。
これ観た時心から思いましたもん。「来てよかったぁ〜〜」
この一曲だけ踊ってやるから来いって言われたら多分行っちゃうね、へへん。(威張ってはるで)

踊りがダイナミックです。キメキメだし。
そしてもちろん表情。百面相ですわ。
この人があの女形をやる人?そして変なおじさんとかおかま侍をやる人?
人間ってほんとにわからん・・・

でもって女形ね。
「からすの女房」ですか。
もうね、かわいいの。29歳の男の人なのにかわいいの。もうわけわからん。
あぁそうか・・・男の人はこういう表情をすると「かわいいやつ」って思うんだろうなと勉強させて頂きました。
今度旦那にやってみよう。「熱あるんやったらサッサと寝ろ」って言われると思う、きっと。

とにかくかわいくて、もし私がオッサンなら(なぜか若くはない)抱きしめてるなぁ。仕事もホッポリ出して即帰や。
で、背中で演技するんです。
でもちゃんと後姿が演技してるから、今どんな顔してるんかがわかってしまう。
物凄い高度な技や。これは自信がなかったら出来んわ。
今度旦那にやってみよう。「背中痒いんやったら薬つけとけ」って言うと思う、絶対。

あぁ、やっぱり炎さまはすごい。
立ちも女形も素顔も全部すきな人は大衆演劇では多分初めてだな。まいりました。
あとは歌を聞いてみたいです。
CDも出しておられるようだからやっぱりまた悶えさせてくださるんだろうと・・・。
余談ですが、今日のカラオケはお父さんの橘 魅乃瑠さん。
歌、めっちゃめちゃお上手。
今までも九州男さんとか小弁太さんとか新之介さんとか、かなりお上手でしたが多分一番なんじゃない?ってほど。
かなりびっくりしました。で、トークもオモロー。おっちゃんのぼやき節炸裂でした。

あーん、も1回観たいやんかいさー。
早くまた大阪に戻ってきて下さい。
七夕の短冊に書きます・・・って、もう終わってるやん。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
劇団 魅星 なんでもかんでも観劇録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる