なんでもかんでも観劇録

アクセスカウンタ

zoom RSS 浪花劇団

<<   作成日時 : 2008/06/11 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


つい半月前、松丸家の千秋楽に行って「もう当分会えない…さびし〜〜」と泣いた
涙も乾かぬうちに「浪花劇団」に松丸家小弁太さんと松丸家こももさんがゲスト出演との
情報を得た。

こ、こ、こもももももも〜
これは行かねばなるまい。
実はこの日は朝日劇場の劇団九州男の予約を入れていた日だった。
良太郎さま〜ごめんよ〜〜〜
でもこももちゃんと小弁太ちゃんには今日を逃すとまた当分会えないのよ。
良ちゃんとは、またあさって会える!(行くんかいっ)


そもそも「浪花劇団」が鈴成座に来るということで、絶対見に行くつもりでいた。
小弁太さんとここの座長、近江新之介さんは、はとこだそうで仲がいい。
オーエス劇場の松丸家公演の時、たまたま新之介さんがゲストで来られている回を観劇した。

いっぺんにファンになっちゃった・・・・ていうか見る人見る人ファンになってるんですけどね・・・。
はっきり言って「美形座長」ではありません。・・・ごめんなさい、はっきり言いすぎた(泣)

でもね、舞台に立たれるかたってそういうのじゃないんですよね。
もちろん美形はよだれが出るほど好きだけど、それだけじゃ人気は出ん。
芸よ、芸。
その芸にはその人のかもし出す雰囲気というのも含まれると思うの。
新ちゃんってねー(いきなりファンモード)人柄の勝利っていうのかなー。
若いのに器が大きいのよね。
それがオーラになって出てるのだ!と勝手に思ってるのだ!

癒されるし、かわいいし。
でも自分の劇団に座長として舞台に立つ新之介さんは、なんかすごくかっこよかったのだ。
えーー!かっこよくなったの?
と思ったけど、カラオケの時の素顔を見て、そうじゃねーや…と思ったけど(こらこら)
でもいーの。性格がかっこいいからいーの。

たまたま若い劇団員に「楽しんでるか?」と聞いて「お客様に楽しんでいただこうと思ったら自分が楽しまな絶対伝われへんで」と笑いにまぎれさせて教えを説く。
奥さんのめだかちゃんが芝居のアドリブで「そんなんしたら、また2ちゃんに書かれるやん」とボヤいたのに対して「書かれるっちゅうことは見ていただいてるっちゅうこっちゃ」とサラリと流す。
これがキザな座長が言ってるのじゃないからまたいいのだ。


ここまでが前置き。・・・長すぎやろ・・・。

鈴成座へ行くには鶴見橋商店街を抜けて行く。
その通りの雰囲気はオーエス劇場のまわりを思い出させるような、ちょっぴり酸っぱくてちょっぴり恐い系。
もしや劇場も?と嫌な予感がしたにもかかわらず、鈴成座はこぎれいないい劇場でした。
おばさんもとってもかんじよくって、おじさんもゴミ集めにまわってくれる。
劇場内におでんやもあって・・・。ただしトイレは・・・(泣)


この日はミニショーはなくていきなりお芝居。
新之介座長はかっっこいい主役で小弁太ちゃんは三の役。
わざとおかしい顔に作ってきてるんだけど、パラリとメガネが落ちるシーンでは「あ、男前・・・」
脚気でテコテコとしか歩けない、日本一勘の悪い与力役。
これがもう、イジられてめちゃくちゃにされるの。
ここまで三の役って初めてだったらしくて「二枚目路線で売ってきたのに」ってボヤいてたのがまたかわいい。

そしてそして、ほんとは盗人なんだけどおかっ引きに化けている悪い男が松丸家こももちゃん!!
そう、「立ち」です。
これがまたかっこいいのよ。きゃーーーーーーってなもんよ。
こももちゃんは立ちの時、声をちょっと低くして奥歯を噛み締めるようなしゃべり方で、サラサラサラサラとセリフを流れる水の如く流される。
この声としゃべり方が好きです。
ショーの時には女形で踊られたんだけど、これはこれでまたエグく色っぽい。
ま、元々美人ですからして、何やっても似合うってことですが、そこはほれ、それだけじゃなくて芸があるからさっ。


お芝居のほうは、ハッキリ言ってちょっとぐだぐだでした。
ゲスト出演があってアドリブ合戦的だったことは除いても、うーん、若手頑張れっ・・・みたいな。
飛脚の話だったんで、舞台と花道を所狭しと走り回って、その趣向はとっても面白かったです。
それと暗転がすごく短かったのもよかったな。

ショーは小弁太ちゃんがちょーかっこいい立ちを見せると、新之介ちゃんも粋のいい立ちを見せる。
小弁太ちゃんがきれいな女形で客席を魅了させると、新之介ちゃんが女形のキュートな仕草で客席を沸かせる…。
さすがに座長競演はお得感がありますなー。

ただ、やはりここでもこの劇団のつらさが。
一人一人で踊るというパターンが続く。
これはちょっとダレますね。
若手がドーンと総踊りで魅せる事が出来る花吹雪や松丸家と、そこが違うかな。
もちろん違うなりのよさもあるんですが。
新之介さんが松丸家の若手を見て「いいなー、若手欲しいなー」とつぶやいたのは、案外本音なんだろうなーと思ったり。

もちろんこの日も「大入」
初めて飛んでくるティッシュをゲット!!
しかも隣のオバチャンの席の下に落ちてたのをササッとゲット!(こらこら)
うれし〜〜・・・と言うわりには帰宅後、間違って使いそうになったんですが。

送り出しの時には、こももちゃんばっかり写真撮ってて気がついたら小弁太ちゃんと握手してない。
あわてて小弁太ちゃんのとこに行って握手してもらったら、なんかすごく感じがよくて…と勝手に思ってるだけだと思うけど…ハッピーだー♪と思ってたら新之介ちゃんと握手するの忘れた〜〜(泣)

ま、いいや。
浪花劇団が次に大阪に来たらまたきっと新之介ちゃんに吸い寄せられるように見に行ってしまうもの。
いつくるのか知らないけど。

こももちゃんも小弁太ちゃんも、ほんとに今年は会えないかも・・・と思ってたら隣で観劇友が「やまと座ってさぁ、行けんことないでなー」だって。
そうです、松丸家は8月やまと座ですけどなにか?
しかしまあ8月はいろいろと忙しいので無理でしょなー。哀川昇さんの明生座も8月やし…(汗)











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
浪花劇団 なんでもかんでも観劇録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる