なんでもかんでも観劇録

アクセスカウンタ

zoom RSS 春のおどり 2

<<   作成日時 : 2008/04/23 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

3列目センターからの観劇。
とびきりのご贔屓さんがいない場合は、このあたりから観るのが一番楽しいかもしれない。

松竹座は本当に客席と舞台が近いなぁと思います。
宝塚劇場は間にオケピを挟んでいるから、当たり前だけど、ほんとに遠くて涙が出そうになる(笑)
その点、松竹座は「春のおどりは〜、ヨーイヤサー♪」の歌声の後にパッと明るくなると「ちかっっっ!」と思うもの。
またその色艶やかさが凄い。
ここはやっぱり艶やかにすればするほど、これから凄いことが始まる予感がぐぐっと高まってワクワク感が増す。
あっちも見たいし、こっちも見たい。きゃーーっ、目が足りねえぇぇ。

舞台はこのくらい沸かせて正解。
沸きたい人は「OSK」。


1部の日舞の最後に劇団員の紹介があります。
幕が開くと、トップとそれを支える4人の男役以外が、勢揃いして控えています。
その真ん中に桂稀けいとさん。
1人だけ着物の色がブルー。
つまりこの中で一番真ん中に来る立場の人なのね。
私がこの劇団を見始めた頃、男役の中で一番下級生で、なんだかとても苦労をしていそうで、この子がいい思いが出来る時が来るのかしら…などと母的な心配をしたこともあったけど。
そうか・・・こんなに後輩が出来たのね。もう一番下じゃないのね。と思ったら目頭が熱くなったのでした。

そしてここの紹介の時の音楽がとても好きです。
歌詞が全部は聞き取れないのが残念なんだけどその旋律は見る側の感情の糸を緩めるのに充分だと思います。
でも紹介自体はとっても楽しくて夢中で手拍子してたら、アラッ1部終了したのね・・・ってかんじで。


2部の洋舞のバルセロナのシーンは秀逸です。
特に、もう終わりかな…と思わせておいて全員で「ブレリア、ブレリア♪」と声を揃えて前ににじり寄ってくるシーンは、鳥肌がサーッと立ちます。
ぐいぐいと観客ににじり寄りながら「オラオラ、行くでー」という気迫が漂います。
もちろん観客も「オッシャオッシャ、来いや、来いや、もっと来いやー」という気迫で応えねばなりません。
OSKの観劇は気合を入れてしないと、うっかり舞台にのまれてしまいますから。
だから観終わるとグッタリ疲れちゃうんだな、きっと。

そしてこの「オッシャ、来いやー」と思わせてくれるシーンが多いほど「OSKを観た!感」が強いのだと思います。
これは麻薬に近いので、一度経験すると、もっともっと…と求めてしまう。危険な薬です。

そういう意味では、炎のシーンも「オラオラ&オッシャ」型シーンです。
こちらは客席降り&客席踊り歌いがありますので、参加型「オラオラオッシャ」です。
舞台好きなかたなら、是非一度は体験してみるべきです。


最後の黒燕尾でのシーンの振り付けは私の大好きな大谷盛雄先生です。
黒燕尾の振り付けは日本一ですね。とにかくかっこいい。
黒燕尾でのシーンは、かっこよければかっこいいほどOKなわけですから、今回の仕上がりも大満足です。



最後は千秋楽の日の昼夜を観ます。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
第5回レビュー「春のおどり」OSK日本歌劇団
行く春を惜しむように、浪花の春を堪能してきました♪松竹座で66年振りの上演となった平成16年興行から、早や5回目となりました。今回は、新生トップ“桜花昇”お披露目公演でもあります! ...続きを見る
好きなことは止められない♪
2008/04/28 22:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
文中リンクさせていただきました。「2」もアップされてるとは知らなくて、「1」だけリンクしてあります。

一部の桂稀さんのところ、ものすごく私の心情に近いです。言葉にしていただいて、うれしいです。
ありがとうございました。
seiya
2008/04/27 18:57
>seiyaさん

コメント&リンク、ありがとうございます。
「2」は「あるんですよね…」というseiyaさんのコメントに、慌ててアップしました(笑)

>一部の桂稀さんのところ、ものすごく私の心情に近いです。

ご同意いただき、ありがとうございます。
同じ想いのかた、多いでしょうね。
もっともっともっと素敵な上級生になられて欲しいですね。
すきすき
2008/04/27 21:17
観劇前、公演の感想を拝見して、あれこれ想いを巡らせました。
実際に観て、“そうだよね!”と共感することが多く、アップした感想の中でも似たようなことを語っています。
(^^;

>舞台はこのくらい沸かせて正解。
>沸きたい人は「OSK」。

>そしてこの「オッシャ、来いやー」と思わせてくれるシーンが多いほど「OSKを観た!感」が強いのだと思います。

ここ!!
もうもう、なんで私の思ってることが解っちゃったんですかぁ?!
(違)
(^m^)

同行した友人達も楽しんでくれて、京都にも一緒に行こうよ!な盛り上がりに展開しています。
(^^)v

研修生さんたちも更にパワーアップしているであろう7月公演に、期待が膨らんでいます!!

感想をアップしたので、トラバさせていただきました。
(*^^*)
midori
2008/04/28 23:14
>midoriさん

遠征、お疲れ様でした。
ね、ね、絶対midoriさんは楽しいって言って下さるだろうと思ってました。
やっぱり「パワー」ですよね、これがなきゃあねぇ。

ご友人の皆さんが楽しんでくださったようでなんだか嬉しいです。
京都でカックン!必ずお会いしましょうね〜♪
すきすき
2008/05/02 23:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
春のおどり 2 なんでもかんでも観劇録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる